東証一部上場の鍛造・仮設機材・物流容器メーカー

 
.沿革 || .
沿革
昭和12年川崎市に日本鍛工(株)川崎工場として創業
昭和23年企業再建整備法に基づき、東日本鍛工(株)を設立(資本金400万円)(当社設立)
昭和28年社名を新日本鍛工(株)に変更(資本金28.5百万円)
昭和29年鉱山用鉄柱、カッペ製造販売開始(現在の建機事業に発展)
昭和36年国内初の全自動制御方式の高速鍛造プレス工場を完成
昭和37年東京証券取引所市場第2部に上場(資本金4億円)
建設用仮設機材の製造販売を開始
昭和43年新城市に中部鍛工(株)を設立
昭和45年増資 資本金5億50百万円
昭和46年物流容器の製造販売を開始
昭和52年本社ならびに鍛造工場を高萩市に移転。建設機材工場は結城市に移転
昭和58年相模原市にリース用機材ステーションを開設
昭和59年高萩工場/3,000TONフォージングプレスを新設
平成元年増資 資本金13億98百万円
平成2年社名を株式会社シンニッタンに変更
高萩工場/4,000TONフォージングプレスを新設
CB債4,000万スイス・フランを発行
資本金34億6,980万円
平成4年WB債3,500万スイス・フランを発行
高萩工場/CAD・CAM・LANシステム金型工場を新設
下妻市にリース用機材ステーションを開設
川崎市に自社ビル完成
平成5年WB債4,500万スイス・フランを発行
平成6年高萩工場/4,000TONフォージングプレス(2号機)を増設
高萩工場/電気アップセッターラインを新設
平成7年物流機器担当を建機事業部から分離独立させ、物流事業部を新設
東京本社/川崎市の自社ビルに移転
平成8年WB債3,000万スイス・フランを発行
タイに合弁会社「Siam Metal Technology Co.,Ltd.」を設立
平成9年資本金72億56百万円
高萩工場/9インチアプセッターを新設
平成10年高萩工場/3,000TONフォージングプレス(2号機)を増設
平成12年ISO9002認証取得
平成15年東京証券取引所市場第1部に指定替え
平成16年子会社3社合併により株式会社エヌケーケー設立
中国上海市に「上海日鍛金属有限公司」を設立
平成18年タイ合弁会社(Siam Metal Technology co.,Ltd.)を完全子会社化
平成22年相模原市のリース用機材ステーションを移転拡張
平成23年苅田営業所を移転拡張
平成25年統合ISO9001/14001認証取得
平成26年高萩工場/10TONエアドロップハンマー新設
平成28年高萩工場/太陽光発電設備を新設
平成29年つくば市に北関東機材整備工場を移転し、つくば機材センターに改称
(株)セイタンの発行済全株式取得し、同社を完全子会社化
このページの先頭へ